メインメニュー
らくほんzとは
返品処理をする
取次とのオンライン
単品管理をする
複数のパソコンで
棚卸をする
POSレジとして
POSを試してみる
導入マニュアル
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

らくほんzで棚卸ができます



  • 棚卸入力はらくたなzで行います。

  • 登録したデータの集計はらくほんzで行います。


できること



  • バーコードを読み込んで、棚別、分類別などの集計表を作成します。

  • 入荷、売上、返品など、日々の登録ができていれば、営業しながらの棚卸でも、ほぼ正確な在庫数・金額を計算できます。

  • 単品管理を行っていると、前回の棚卸値と照合し、不一致リストを作成できます。

  • 棚番号を入力しながら棚卸すれば、商品元帳に棚番号を記録し、随時参照することができます。


棚卸入力



  • らくたなzで行います。

  • 書籍は2段バーコード、雑誌は13桁+5桁、JANは13桁(及び8桁)と、冊数を入力します。(未登録のJANコードは本体価格の入力が必要)

  • 随時棚別・人別・日別の集計表を作成可能で、進行状況のチェックできます。

  • 棚入力処理はLANに接続しないで使用できます。ノートパソコンを使えば、店内を機動的に動かして入力できます。

  • 棚卸前の設定時と、終了後のデータ読取時はLANに接続し、楽本商管から操作します。


棚卸集計



  • らくほんzで行います。(商菅タブの「棚卸」)

  • らくたなzで入力したデータを読み取って処理を行います。それぞれのパソコンとはLAN接続が必要です。集計処理は棚卸計算で行います。

  • 過去に棚卸集計を行っていて入荷、売上、返品など、日々の登録ができていれば、仮想棚卸で現在の在庫数・金額を集計できます。

  • 雑誌の入荷、売上、返品など、日々の登録ができていれば、過去数か月分の発売雑誌に限っての在庫数・金額を算出できます。(雑誌棚卸)

  • 作成可能な集計表・リスト

    • 棚別、人別、日別集計表

    • 棚卸集計表

    • 不一致リスト

    • 検索リスト

    • 仮想棚卸表



前
複数のパソコンで使う
カテゴリートップ
使い方
次
POSレジとして使う