元々@nifty(旧ニフティサーブ)のフォーラム(FBOOKC)で知り合った関西の書店人8名が、1997年に初めて大阪でオフ会(飲み会)を開きました。

 何度か会を重ねる内に、市販の「外商管理システム」に対する不満(高価格、機能面)の話になり、その中で岩根氏(ますや書店)が独自に開発して使っていた「書店業務管理システム」に注目。

 「みんなで使ってみたい」、「ならば、多くの書店と低価格で書店SA化による省力化を共有しよう」と発展し、1998年の「楽樂ほんやさん」作成にあたり、任意団体として「本屋の村 SA開発集団」結成となりました。

 そして、2006年6月1日、責任の明確化と更なる発展を期すため、「本屋の村有限責任事業組合」として登記いたしました。
 

 ■ 目的
我々 本屋の村は、書店自身の手による、書店のSA(Store Automation)普及と発展を期することにより、書店における効率よい営業活動を支援すると供に、書店に訪れる読者に快適な環境を提供することを目的に活動しています。