メインメニュー
らくほん5を使おう 目次
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  使い方  >  単品管理を行う(商管ライセンス)

単品管理のメリット



  • 補充発注するときに、在庫数を確認しなくてもでき、今までの売上状況を参考にしながらできます。

  • 雑誌定期改正を適格に行うことができます。

  • 雑誌・書籍、それぞれの委託期間に合わせて、返品用の抜取リストを作成して活用できます。

  • ISBNや雑誌コードを入力すれば在庫数がすぐに分かります。顧客からの問い合わせに敏速に対応できます。

  • 客注入力でISBNを入力すれば、在庫が表示されて、無駄な発注をしなくてすみます。

  • 客注入力で登録しておけば、Web受信で読み込んだときに客注入荷リストを作成して、間違って店出しすることを防ぐことができます。

  • 出版社別、分類別集計表や、在庫リストを作成して、商品構成に役立てることが可能になります。

  • 企画物の発注の際に、過去の類似商品の売れ行きや返品数を参考に出来ます。

  • いつでもすぐに在庫金額がわかります。


単品管理への道



  1. 雑誌入荷を確実に行う。(取次Web連携データ交換サービスを利用すると省力化できます)

  2. 全ての外商売上を、定期納品書注文納品書に入力する。

  3. 返品入力を確実行う。

  4. 楽本POSを使用する。

  5. 棚卸を行う。

  6. 日書連書誌サービス取次Web連携データ交換サービスを利用して書誌データを蓄積する。


手間はかかりますがメリットは大きいです。実行するには、お店のスタッフ全員の理解と協力が必要ですので、計画を立てて、少しずつ行われたらいかがでしょうか。


※ 外商機能を使用するには外商ライセンス、POSレジはPOSライセンスが必要です。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:118 平均点:4.83
前
棚卸を行う(商管ライセンス)
カテゴリートップ
使い方
次
複数のパソコンで使う