メインメニュー
らくほん5を使おう 目次
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  使い方  >  POSレジとして使う(POSライセンス)

楽本POSはさまざまな使い方ができます。

  • 単独でレジスター代わりに使う
  • 外商や商管機能と連動した書店総合システムのPOSとして使用する

2台以上のPOSを接続することも可能です。

使用できるバーコード

  • 雑誌バーコード(13桁+5桁) ・・・ 主な雑誌コードは登録済です。登録された雑誌コードは、レシートに雑誌名が印字されます。
  • 書籍2段バーコード ・・・ 書誌データが登録されている場合はレシートに書名が印字されます。登録されていない場合は分類名が印字されます。参考→バーコードについて
  • JANコード(13桁・8桁) ・・・ 文房具やCD-ROMなど一般商品のバーコード。バーコードには価格情報は含まれていないので、あらかじめ商品元帳で登録しておくか、その都度価格を登録します。
  • バーコードのない商品 ・・・ キーボードに商品キーとして登録しておけば、そのキーを押すだけで使用できます。

POS機器

  • POSとして使用するには、パソコンに専用のPOS機器とバーコードスキャナーを接続すればOK。詳しくは→POS機器

POSデータをどう使う?

  • データ交換サービスを利用して取次に売上データを送信すれば、取次POSと同様の扱いになります。(トーハン・日販・大阪屋、商管ライセンスとデータ交換契約が必要)
  • 雑誌定期改正を行うことができます。(商管ライセンスが必要)
  • 売上データを元に、取次Webやデータ交換サービスをつかって補充発注を行うことができます。(商管ライセンスが必要)
  • 楽本商管の分析機能を使って、分類別などで分析して商品構成の検討資料に使用できます。(商管ライセンスが必要)
  • 棚卸や入荷入力を行えば単品管理を行えます。(商管ライセンスが必要)

単独でレジスター代わりではメリットはないの?

  • バーコードを読み込むだけ。誰でも簡単にレジできます。普通のレジスターよりも操作は簡単!
  • 書籍の分類はバーコードに含まれるC分類から算出します。精算もその分類別に集計されます。
  • 最初はレジスターとして、後で他パソコンに接続して、書店総合システムにシステムアップできます。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:201 平均点:5.02
前
外商管理を行う(外商ライセンス)
カテゴリートップ
使い方
次
雑誌定期改正を行う(商管ライセンス)